スマートフォン版表示

講座・イベント

ジェンダー論公開講座「老いと看取りをめぐる歴史と現在、再考」

現代の日本では、女性が担うことの多い介護などのケア役割。
果たして、昔からそうだったのでしょうか。
本講座では、江戸時代における看取りに焦点を当て、性別による役割分担意識が時代によって変わってきたことや、その背景について考えます。

会場

エル・パーク仙台 セミナーホール

開催日

9月10日(土曜日)

開催時間

13時30分から15時30分

講師

菊池慶子氏(東北学院大学文学部歴史学科 教授)

お茶の水女子大学大学院人文科学研究科修士課程修了。日本近世のジェンダーと家族に関して、政治システム、相続、看病介護等のケア役割の観点から研究を進めている。テーマと関係する著書に『近世の女性相続と介護』(吉川弘文館 , 2007年)、『江戸時代の老いと看取り』(山川出版社, 2011年)など。いずれも筆名は柳谷慶子。

対象・定員

60名

参加費

1,000円(学生500円)
参加費は当日受付でいただきます。学生の方は学割が適用されますので、学生証をご提示ください。(※高校生以下無料)

申込方法

7月6日(水曜日)9時00分から申込受付開始(先着順/定員になり次第締切)
イベント申込フォームからお申し込みください。

託児

9月1日(木曜日)までに要申込(先着順/定員になり次第締切)
*6ヶ月以上小学1年生まで
*託児利用料:お子さん1人あたり300円
*しょうがいのあるお子さんや小学2年生以上のきょうだいがいる場合はご相談ください。

問い合わせ

エル・パーク仙台 管理事業課
電話番号:022-268-8301 ファックス:022-268-8316