わたしのペースで ゆっくりと 復興ポータルサイト

公益財団法人せんだい男女共同参画財団



せんたくネット
せんだいの女性たちが被災女性の本音をたくさんくみ取って一緒に解決していくネットワーク
センターのいま
エル・パーク、エル・ソーラの
様子や皆さんからの声
ひとりでがまんしないで
あなたに必要な
相談窓口のご紹介。
わたしたちが伝えたいこと~災害と女性~
女性のニーズや人権に配慮した情報をお届けします。
手しごと品情報
被災地の女性たちによる手しごと品の情報を集めました

せんたくネット トップページ

せんたくネット

ガールズへ“プレゼント”しました!~ 「MDGガールズプロジェクト ティーンズの女子会」第1回終了~

Posted on 2011年08月05日 by sentaku-net

プレゼントをお送りくださった全国のみなさん、ありがとうございました!!

・・・仙台の女子学生「MDG」(M=宮城学院女子大学。D=ドレメ。G=ガールズ))のブログはこちら

http://mdggp.jugem.jp/?eid=9

当日は、延べ150名(中高生は80名程度)の参加でした。(ピアサポートスタッフは、宮城学院女子大生約10名、学校法人支倉学園ドレメファッション芸術専門学校生約15名。)

この「MDGガールズプロジェクト」はこれからも続きます。

全国の同世代女子の共感につなげていけるよう、ご協力よろしくお願いいたします。

参加した10代女子からは…
「メイクをしてもらいたくて来たけど、恥ずかしくてなかなかお願いできなかった。でも、勇気を出してお願いしたら、お姉さんが優しくて安心した。メイクの話だけでなく、いろんな話ができてうれしかった」
「手作りコーナーでは、作り方を丁寧に教えてもらえた。不器用だけど、かわいくできた。うれしかった」
「ファッションショーがカッコよかった。憧れる」
「お姉さんたちのようにカッコよくなりたい!」
「ファッションショー、カワイかった。あんな服着てみたい」
「写真、チョーうれしい!今日の思い出。宝物にする」
「来るのがすごく楽しみだった。楽しかった」
「かわいいプレゼントがいっぱいで選ぶのが大変だった」
「優しく声をかけてもらえて安心した」
「全国から届いたメッセージを読んでたら、涙が出そうになった。一人じゃないんだと思ったら、少しさびしくなくなった」
などの感想を、そして中学校の先生から、

「参加した子の一人は手づくりコーナーで作ったブレスレットを毎日しています。お姉さんにすごく優しくしてもらえて、うれしかった、と。楽しい時間を作ってくれた学生の皆さんに感謝したい」というメッセージをいただきました。

この「ティーンズ女子会」を近所でやって欲しい、という方はこちらまでご連絡を!

022-268-8044 エル・ソーラ仙台

022-212-1627 せんだい男女共同参画財団

Email:sentaku@sendai-l.jp



HOME