わたしのペースで ゆっくりと 復興ポータルサイト

公益財団法人せんだい男女共同参画財団



せんたくネット
せんだいの女性たちが被災女性の本音をたくさんくみ取って一緒に解決していくネットワーク
センターのいま
エル・パーク、エル・ソーラの
様子や皆さんからの声
ひとりでがまんしないで
あなたに必要な
相談窓口のご紹介。
わたしたちが伝えたいこと~災害と女性~
女性のニーズや人権に配慮した情報をお届けします。
手しごと品情報
被災地の女性たちによる手しごと品の情報を集めました

センターのいま トップページ

センターのいま

こんな相談がよせられています(5)~夫に話ができない・・・

Posted on 2011年06月16日 by soudan

突然襲った震災の後、不安や悩みを感じているたくさんの女性たちに寄り添いたいと開設した「女性の悩み災害時緊急ダイヤル」。そこに、どんな相談がよせられているのか紹介します。(内容は個人が特定されないように一般的な表現にして掲載しています。)

■夫に話ができない・・・

「主人に話をしたら『大変なのはお前だけじゃないんだ』と言われて、聴いてもらえない。」
「話をしたくても『疲れている』と言われてしまうと、それ以上は話せない…」
「夫に話しても、わかってもらえない。」

 緊急ダイヤルによせられる相談では、暮らしの困り事や悩み事であっても、その背景に夫婦関係の問題が見えてきます。
 夫に聴いてもらいたいことや相談したいことがあっても、仕事が大変そうなので話ができない。ようやく話をしてみても「そんなこと大したことじゃない」「みんな大変なんだから仕方ない」といって受け止めてもらえない。そして、「わたしにも悪いところがある」と自分を責めて、不安や悩みを抱え込む。そういう妻たちの姿があるのです。
 妻は夫が快適でいられるよう、気持ちを汲み取りながら行動しがちです。夫は配慮されることが当たり前となっていて、「機嫌が悪くても、それを察するのが妻の役目」「身の回りの世話をし、サポートしてくれるのが妻の役割」と思っているかもしれません。
 震災直後は、率先して動きまわる夫を頼もしく感じたり、夫婦協力して困難な状況を切り抜けたりして、これからもいろいろ相談していきたいと思った妻も多いのではないでしょうか。でも、少し暮らしが落ち着いた今はどうですか?
 緊急ダイヤルによせられる相談では、夫に話をすることで苦しさや傷つきを抱えている妻が多いと感じます。安心して話せる相談窓口を利用してみませんか?

●「女性の悩み災害時緊急ダイヤル」 月~土(祝日除く) 9:00~15:30
 TEL022-224-8702
●「エル・ソーラ仙台 女性相談」(面接・ご予約ください)
 受付 月~土(祝日除く) 9:00~17:00
 TEL022-268-8302



HOME