わたしのペースで ゆっくりと 復興ポータルサイト

公益財団法人せんだい男女共同参画財団



せんたくネット
せんだいの女性たちが被災女性の本音をたくさんくみ取って一緒に解決していくネットワーク
センターのいま
エル・パーク、エル・ソーラの
様子や皆さんからの声
ひとりでがまんしないで
あなたに必要な
相談窓口のご紹介。
わたしたちが伝えたいこと~災害と女性~
女性のニーズや人権に配慮した情報をお届けします。
手しごと品情報
被災地の女性たちによる手しごと品の情報を集めました

センターのいま トップページ

センターのいま

【グループ活動情報】こんなときだからこそ…「ふるじろプレーパーク」さん

Posted on 2011年06月10日 by lpark

 エル・パーク仙台 5階部分のオープン(6月16日)まであとわずか。

みなさんにお会いできる日を待ち望んでいる私たちです。

休館中に男女共同参画推進センターに寄せられた声や復興支援活動の情報を紹介します。

 

参画推進センターに寄せられたグループ活動情報

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

「ふるじろプレーパーク」さんより

こんなときだからこそ・・・「大震災被災子ども支援プレーパーク」開催

~3月27日と4月3日のプレーパークを開催しようかどうか、とても迷いました。

が、こんな時だからこそ、あえて開催することにしました。

もちろん、遊びにくる子どもたちがいるのかどうかも分かりませんから、「もしお友達が来たら、会ってお話をする」ぐらいでもいい。安否確認の意味合いもこめて、スタッフは「待機」の心持で。

大震災で怖い思いや、つらい思いをしている子どもたちに、ほんのひとときでもそれを忘れて、こころを開放してあげられたら、との思いも。

この開催時には荒浜や六郷地域などで被災した中高生が10人ほどきて一緒に遊んでくれました。

家や身近な人を失った若者たちが元気に過ごす姿には、むしろ励まされました。~

★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★~★

「今、自分たちにできることをする、それはプレーパークを開催すること」

「暗い話題が多い今、わずかでも『なごめる時間』を子どもたちとともに」

そんなこころざしで、活動を続けているグループの皆さん。ご自身も被災されている中での活動です。

詳しくは、ふるじろプレーパークのホームページへ

ぜひアクセスしてみてください!

http://homepage2.nifty.com/asanuma/fpindex.html

グループ紹介:「ふるじろプレーパーク」とは・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分の責任で自由に遊ぶことができる遊び場」、特別な場所でも時間でもない、その昔、どこにでもあった「空き地」や「はらっぱ」のような、身近で、子どもたちだけで気軽に行ける「普段着感覚の遊び場」の活動をおこなっています。

 



HOME