わたしのペースで ゆっくりと 復興ポータルサイト

公益財団法人せんだい男女共同参画財団



せんたくネット
せんだいの女性たちが被災女性の本音をたくさんくみ取って一緒に解決していくネットワーク
センターのいま
エル・パーク、エル・ソーラの
様子や皆さんからの声
ひとりでがまんしないで
あなたに必要な
相談窓口のご紹介。
わたしたちが伝えたいこと~災害と女性~
女性のニーズや人権に配慮した情報をお届けします。
手しごと品情報
被災地の女性たちによる手しごと品の情報を集めました

せんたくネット トップページ

せんたくネット

せんたくネット活動状況(2)

Posted on 2011年05月25日 by sentaku-net

ボランティア登録をお申し出くださった女性は、現在なんと250名を超えました。
仙台市内は避難所に洗濯機が設置され、仮設住宅への入居も始まっていることから、洗濯のご希望は徐々に減ってきています。そのため、「登録したが1回も洗たくの連絡が来ない」という方もまだたくさんいらっしゃいます。
一方で、市外には未だ水道が全く復旧していない地域も。運搬さえできれば…、と手だてを探っていたところ、南三陸町の避難所「ホテル観洋」さんがやってくれることになりました。ホテルで避難生活を送る方たちは、少量の水で手や顔を洗い、遠くのコインランドリーに行ったり、川水で洗たくをしたり、雨水をバケツに溜めて使ったりしています。これから市内の避難所に加え、南三陸町の方からのものも週2回、火・土曜に皆さまにお願いすることになります。どうぞよろしくお願いいたします。
なおボランティアの手配に際しては、午前9時~11時ころに、エル・ソーラ仙台 022-268-8044 からお電話し、当日17時までに取りにきていただいています。このとき、電話がつながって直接ご本人とお話しできた方からお願いしています。ご家族への伝言、留守番電話へのメッセージは残しませんので、ご了承ください。

定禅寺のケヤキも新緑から深い緑にかわりつつあります。晴れると「よし、今日は洗たくしよう!」という気持ちになりますね。「せんたくネット」の名前には、女性たちがそんな当たり前の日常を取り戻せるよう支援していこう、という思いが込められています。きっと気の遠くなるような時間がかかることでしょう。始まりは洗濯からでしたが、これから支援も形を変え、長く続けられるペースをさぐりながら進めていこうと思います。



HOME