ノルウェー基金事業 この事業はノルウェー王国の支援により設立された「東日本大震災復興のための女性リーダーシップ基金」を活用して実施しました。The Women's Leadership Fund for Recovery from the Great East Japan Earthquake.
  • ノルウェー基金事業とは
  • 交流・招聘事業
  • 女性リーダーシップ開発研究及び実践事業
  • 講座・イベント
  • 男女共同参画センターネットワーク
  • 出版物ダウンロード
  • 特別協力 ノルウェー王国大使館
【地域での女性リーダー育成】Ⅱ.地域リーダー育成プログラム研究及び「みんなのための避難所作り」ワークショップ開発・実施

地域で男女共同参画が進むということは、その地域に住む女性たちの中からリーダーが生まれること。地域の女性たちがどうつながり、発言力を高めるか?地域の女性リーダーを育成するため、私たちは防災に着目し、地域に働きかけるきっかけとしてワークショッププログラムを開発しました。

 

防災ワークショップを切り口に、地域の女性のリーダーシップを促す

①「女性の視点による地域防災ワークショップ」

防災ワークショップのファシリテーターを養成するため、避難所での多様性への配慮など基礎的な知識を学ぶ。

②せんだい防災プロジェクトチーム

「女性の視点による地域防災ワークショップ」を修了したメンバーと財団スタッフとでチームを結成。

③仙台版防災ワークショップ「みんなのための避難所作り」

プロジェクトチームが、避難所で困難を経験した女性へのインタビューや自分たちの経験を踏まえて、ワークショップのプログラムを作成。

④ワークショップ開催とテキスト発行

様々な地域でワークショップを開催し、男女が対等に話し合える場を提供。誰でもワークショップを開催できるよう、イラストやシナリオを収録したテキストを発行。

 

 

 

 

 

 

 

 

仙台版防災ワークショップ「みんなのための避難所作り」

特徴

①発言できた、面白かったという体験を通じて、コミュニティの中での対話が促される

②容易にファシリテーターが経験でき、女性のリーダーシップが高まる

③リラックスして話せる環境で、参加者全員の発言を促す

④テキストは全国的に販売。自由にカスタマイズして活用できる

 

日本語版テキスト 価格:500円(税込)

エル・パーク仙台、エル・ソーラ仙台の窓口で販売しているほか、通信販売も行っています。詳しくは、お問い合わせください。

【問合せ】エル・ソーラ仙台 管理事業課 TEL.022-268-8044

英語版テキストはこちらからダウンロードできます。

 

実績

2013年10月から2016年8月までの期間に37回開催。延べ849名が参加しました。

 

お問い合わせ
公益財団法人せんだい男女共同参画財団
〒980-6128 宮城県仙台市青葉区中央 1-3-1 AER29階 せんだい男女共同参画財団
TEL:022-212-1627 FAX:022-212-1628