テーマ館主催シンポジウム

EVENTS

女性と防災 ~仙台発 東日本大震災4年後の視座

3/14(Sat)-17(Tue) [会場]6F ギャラリーホール 要申込
東日本大震災4年後の地平から、女性たちの経験と知見を「多様性」と「女性の参画」をキーワードに、5つのプログラムで発信します。

[定員]
各180名(先着順)
[主催]
仙台市・公益財団法人せんだい男女共同参画財団
[参加申込]
申込フォームまたは
FAX 022-268-8304で受付(2月1日(日)受付開始)
[申込・問合せ]
仙台市男女共同参画推進センター エル・パーク仙台
TEL 022-268-8300 FAX 022-268-8304

トーク×トーク 女性たちのリーダーシップ

3/14(Sat)
13:30~16:00 [会場]6F ギャラリーホール 要申込
震災後、「大切なひとや仲間を守りたい」という思いを出発点に、地域を見渡し互いにフォローし合う新しいタイプの女性リーダーが活躍しています。従来型のリーダー像に捉われない、多様なリーダーシップや災害に強いコミュニティのあり方を、被災地仙台から世界に向けて発信します。

[コーディネーター]
岩本 理恵(株式会社ユーメディア 『パンジー』ディレクター)
[スピーカー]
足立 千佳子(特定非営利活動法人まちづくり政策フォーラム 理事)
阿部 恵(恵むの杜 代表)
菅野 澄枝(仙台市地域防災リーダー(SBL)、岩切学校支援地域本部 地域コーディネーター)
菅野 陽子(岡田手づくりアグリの会 代表)
二瓶 明美(南蒲生復興部)
引地 恵(一般社団法人WATALIS 代表理事)
村主 夏江(新浜町内会 女子会 代表)
門間 尚子(おとな女子3040PROJECT 代表)
[コメンテーター]
木須 八重子(公益財団法人せんだい男女共同参画財団 理事長)

申込はこちら
チラシ(表面)のダウンロードはこちら
チラシ(裏面)のダウンロードはこちら

あるってだいじ
~災害時の男女共同参画センターの役割とは~

3/15(Sun)
14:30~17:00 [会場]6F ギャラリーホール 要申込
大規模災害の発生時、女性支援をすみやかに立ち上げるために、必要な視点、地域のネットワーク、人材などの資源を持っているのは、男女共同参画センターです。女性支援の拠点として男女共同参画センターが担うべき役割を改めて確認し、センター同士が連携し相互に支援できる仕組みをスタートさせます。

[コーディネーター]
桜井 陽子(特定非営利活動法人全国女性会館協議会 理事長)
[パネリスト]
武川 恵子(内閣府男女共同参画局長)
竹原 正篤(全国女性会館協議会個人会員、元日本マイクロソフト株式会社社会貢献部長)
松下 光惠(特定非営利活動法人男女共同参画フォーラムしずおか 代表理事)
木須 八重子(公益財団法人せんだい男女共同参画財団 理事長)
[報告]
納米 恵美子(公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会 理事、事業本部長)
[来賓挨拶]
ハンス・ブラッツカー(ノルウェー王国 外務副大臣)
[共催]
特定非営利活動法人全国女性会館協議会

申込はこちら
チラシのダウンロードはこちら

災害に強い社会づくり
~男女共同参画の視点を根づかせる~

3/16(Mon)
13:30~16:10 [会場]6F ギャラリーホール 要申込
被災者支援における多様性の配慮が重要視されつつあります。しかし、日常における関係者の意識・組織体制などが変わらなければ、男女共同参画の視点を実践につなげることはできません。どうすればこれを現場に定着させることができるのか、各地の取り組みを通じて、具体的な方策を探ります。

[コーディネーター]
浅野 幸子(減災と男女共同参画 研修推進センター(GDRR)共同代表、
早稲田大学「地域社会と危機管理研究所」招聘研究員)
池田 恵子(減災と男女共同参画 研修推進センター(GDRR)共同代表、
静岡大学教育学部教授、静岡大学防災総合センター兼任教員)
[報告]
今野 均(片平地区連合町内会 会長、花壇大手町町内会 会長)
瀬山 紀子(埼玉県男女共同参画推進センター事業コーディネータ)
福田 信章(東京災害ボランティアネットワーク 事務局長)
三浦 三恵子(せんだい防災プロジェクトチーム)
宗片 恵美子(特定非営利活動法人イコールネット仙台 代表理事)
[共催]
減災と男女共同参画 研修推進センター(GDRR)

申込はこちら
チラシのダウンロードはこちら

復興に向けて動く 企業の女性たち

3/17(Tue)
9:30~12:00 [会場]6F ギャラリーホール 要申込
東日本大震災では、被災地企業の活動が地域の復興に大きく貢献しました。とりわけ女性たちがそれぞれの視点で行った取り組みは、企業や被災地に大きな力をもたらしました。事例発表を通して、平常時から組織において女性の活躍を推進していくことの意義を考えます。

[コーディネーター]
長谷部 牧(KHB東日本放送 総務局次長兼CSR広報部長)
[パネリスト]
嘉藤 明美(株式会社鐘崎 代表取締役専務)
畠山 明(個別教室・家庭教師のアップル代表、株式会社セレクティー 代表取締役)
松田 佳重子(資生堂販売株式会社 中四国支社 美容統括部長)
[講話・コメンテーター]
麓 幸子(日経BPヒット総合研究所長・執行役員)
[協力]
KHB東日本放送

申込はこちら
チラシのダウンロードはこちら

災害と女の子たち ~ガールズ防災会議~

3/17(Tue)
13:00~16:00 [会場]6F ギャラリーホール 要申込 日英逐次通訳
東日本大震災においても、大人と子どもの狭間で、支援が届きにくかった10代の女の子たち。災害時における女の子の課題や、彼女たちがどのように力を取り戻し、発揮していったかを明らかにし、女の子への支援が災害に強い地域、社会、国へとつながることを発信します。

[モデレーター]
大崎 麻子(公益財団法人プラン・ジャパン 理事、ジェンダー・アクション・プラットフォーム(GAP) アドボカシー担当)
[登壇者]
イェン・ソフューン(カンボジアの洪水被害を乗り越えた女の子、20歳)
ウニ・クリシュナン(国際NGOプラン 緊急災害支援担当、医師)
スバトラ・ジャヤラジ(国際家族計画連盟(IPPF)緊急・復興支援チーム、医師)
橘 ジュン(特定非営利活動法人BONDプロジェクト 代表)
林崎 知実(女子の暮らしの研究所 研究員)
宮原 契子(公益財団法人ジョイセフ 企画マーケティンググループ 課長)
[共催]
公益財団法人プラン・ジャパン、ジェンダー・アクション・プラットフォーム(GAP)、特定非営利活動法人オックスファム・ジャパン、公益財団法人ジョイセフ

申込はこちら
チラシのダウンロードはこちら

*登壇者は、五十音順(主催者を除く)・敬称略
*登壇者やプログラム等は、主催者の都合により変更になる場合があります。
*すべてのイベントで託児が利用できます。詳しくはこちら

  • Share (facebook)
  • LINEで送る
お問合せ
仙台市男女共同参画推進センター エル・パーク仙台
〒980-8555 仙台市青葉区一番町4丁目11番1号 141ビル(仙台三越定禅寺通り館)5階・6階
TEL.022-268-8300 FAX.022-268-8304